印鑑のすばらしさを語る部屋

イメージ画像

印鑑は、大事な場面でのしるしとして、たびたび利用されます。特に日本では、重要な書類上で印鑑を必要とされることが多いのです。そのため、大人になればほとんどの人が、自分専用の印鑑をもつことになります。印鑑は自分だけのしるしになるわけですから、他の人に偽造されたりするようなことは避けなければいけません。

また、場合によっては数年後、数十年後に、本人が持っている印鑑の印と、その書類に押された印を照合するようなことだってあるのです。そうなると、印鑑は捨ててしまったり、なくしてしまったりすることが出来ません。大事にずうっと持っていなければいけないのです。

また、長い間持ち続けていると、経年変化を起こしたり、破損させてしまう可能性もあります。そうなると、印鑑をしっかりと持ち続けていたとしても、印を照合したら、あわないということだってあるのです。自分の押したものと印が合わなければ、大変な問題になってしまうこともあります。そういった問題を防ぐためにも、印鑑に使われる印材は基本的に硬く、経年変化しづらいような素材が使われるのです。

みなさんがお持ちの印鑑を思い出してみると、よくわかることでしょう。普通に扱っている分には、傷もつきづらく、加工しにくくなっています。印鑑は、いつまでも変わらぬ姿で使い続けることが出来るように、修正できない性質であることが重要なのです。印鑑を扱っているお店では、経年変化や傷などが生じた場合に対応してくれるようなアフターサービスをもうけているところもあります。もし、大事な印鑑に何か問題が起こったときには、印鑑やさんに相談してみるのもいいことだと思いますよ。

このページの先頭へ