全てがオリジナルなら

高価な印鑑イメージ

自分専用の印鑑を持っている人はかなり多いと思いますが、その印鑑にどれほどのこだわりがあるかは、人それぞれでしょう。
近所の100円ショップで買ったという人もいれば、数万円くらいするような、高価な印鑑をつくったという人もいるはずです。

高価な印鑑になる理由としては、使っている印材が、高価な材料であることがいえます。
当然材質によって価格も変わるということですね。

ちなみに、安い印鑑の材質で多いのは、プラスチックなどの人工的で手に入りやすいものです。逆に高いものは、金だったり、今では入手が困難な象牙などです。
印鑑は小さいものですが、それでもこれらのような希少価値が高い素材を使えば、価格もかなりのものとなるでしょう。

さらに、文字を彫るのが機械か人間かによっても変わってきます。
印鑑の場合は、同じものが他に存在しない方がいいわけですから、人間の手による手づくりが好まれています。
その分手間もかかりますし、それなりの腕を持った限られた人しか作ることが出来ないですから、高価になるのです。

全てに自分のオリジナル性をもとめるとなればそれなりのお金はかかってくるでしょう。
ですが、ずうっと使うものだということを考えればそれでもよいと考える人も多いはずです。

安いものと高いもの、どちらがいいかということは判断が難しいところです。
人それぞれに考え方が違うでしょうから、本人が納得して、自分にあったものを選んで購入するのが一番よい方法でしょう。

ページの先頭へ